美術館めぐり('06パリの旅)

ミュージアムパスを買ったからには、美術館めぐりをしなきゃね。
そんなわけで、1日で3つの美術館をはしごの強行軍です!!

スタート地点は、こちらコンコルド広場です。

画像


ここでルイ16世やマリー・アントワネットがギロチンの露と消えたと思うと
感慨深いですな。

で、こちらの隣にあるチュイルリー公園が最初の目的地
オランジュリー美術館です。(写真撮り忘れました・・・。)
その名のとおり、オレンジ園として作られた場所ですが
以前は、印象派以後の作品が置いてある美術館でした。

でも、6年度の長~い改装期間の後、
モネの睡蓮の連作のみを置く美術館へ生まれ変わりました。
(その他の作品は、オルセーなどに移りました。)

いや~すばらしかった。
と、いうのも改装前は、
半地下の薄暗いところに8枚の連作が置いてあり睡蓮がよどんで見えたのですが
改装後は、
天井から光を取り入れる構造になり、明るい中に睡蓮が咲き誇っている感じに。
まさに、ジヴェルニーの睡蓮を感じることができるようになりました。

続きましては公園の奥にあるルーヴル美術館です。

画像


この場所、裏のショッピングエリアにつながるいつもは、
あまり混雑していない場所だったの。
ルーブルに入るときは、正面入り口を使わず、
いつもこちらの入り口を利用していたmocaなのです。
でも、ダヴィンチコードが世界的ベストセラーになった為
ここで写真を撮る人の多いこと・・・。

ルーヴルの中でも、ダヴィンチコード関連のところは人・人・人・・・。
ベストセラー恐るべしです。

最後に行ったのは、対岸にあるオルセー美術館。

画像


さすがに1日で3つの美術館はハードですが、
印象派を所蔵しているオルセーに行かないわけにはいきません!!

ゴッホ・モネ・ドガの絵を見てしばしうっとりなmocaご一行。
余韻を楽しむべく、オルセーの時計の裏にあるカフェでお茶です。

画像


この美術館は、元は駅舎だったので大きな時計があります。
そして、その時計の裏はカフェになっているので、時計の真裏の席に座ると
こんな時計のアップ写真を撮れたりします♪

美術館三昧の一日。かなり忙しかったけれど、本当に楽しかった~。
時間があったら他のお気に入りの美術館にも行きたかったな。
やっぱりパリは3日じゃたりないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック