セントレジス大阪

先日、休暇をとって大阪へ行ったとき、自分へのご褒美という言い訳でセントレジス大阪へ1泊しました。

その前日に泊まっていた、ウエスティン大阪から

面倒だったのでタクシーに乗り込み、運転手にセントレジスへとお願いしたら

「は?」と、一言・・・。


「本町の・・・」と、追加したら

「あぁ、あそこね」とのことでした。

タクシーの運転手がピンとこないということは

相当苦戦しているのかなセントレジス。


で、ホテルに到着

1階もロビー階も12月ということでクリスマス


画像



画像



お部屋は、16階の角部屋でした。


画像



お部屋に入ると印象的な風景が


画像



窓から見えるは、御堂筋


画像



ツインベッドだったので、若干部屋が狭くなっていますが、問題なし。


画像



のんびり横になれるソファー

画像



ライティングデスクのスペースはちょっぴりコンパクト

画像


広々としたバスルーム

画像


このバスルームは、ビューバスです。


画像


と、言っても、さすがに女子はブラインドを下ろさないと入れないよね。


ウェルカムドリンクは、冷たいフレーバーティーでした。


画像


いつも付いてくるこのクッキー美味しいのよね。


バトラーさんの話によるとターンダウンは希望の方のみということだったので

お願いして外出しました。



カレーうどんをルームサービスで注文


画像


カレーうどんもセントレジススタイルになるとかなりのお上品さ加減です。

ついでに、アイスコーヒーもお願いしました。

素カレーうどんに自分でトッピングをのせる方式

カレーうどんを豪華に見せるって大変ね。


moca的には、お気に入りの宿なので頑張ってほしいけれど

やっぱり大阪という土地にはなじまないのかなぁ・・・。

それとも本町という場所的な問題なのかなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぴの
2013年01月06日 00:39
あけましておめでとうございます。
昨年はmocaさんとお知り合いになれて嬉しかったです。
今年も仲良くしてくださいね~

セントレジス。いつか利用してみたいです
バトラーがつくってのに憧れてます~~!!
2013年01月06日 13:55
ぴのさん♪
あけましておめでとうございます。
私もぴのさんとお知り合いになれて、色々素敵なものを教えてもらい楽しい2012年でした。
今年もよろしくお願いします(^^)v

セントレジスのバトラーさん。
到着すると必ず荷ほどきのお手伝いをしますと言ってくれるのですが・・・。
一泊しかしないので荷物がないんです~(>_<)
庶民のmocaは、ドキドキしちゃってバトラーが使いこなせません・・・。


2013年05月13日 13:09
お久しぶりです。
セントレジス、宿泊されたのですね!? リッチですぅ~

僕はここの近所にバールーン専門店や、アカちゃん本舗があるのでよく行きました。

本町でも思いっきりビジネス街の中心ですから、ここの近所のホテルといえば東急やらアパとか・・・なのですね。大阪市民は「ごっついビジネスホテル」的な認識だと思います。。 タクシーの運ちゃんは、ビジネスホテルとしての名前としては覚えられないし、リーがロイヤルやハイアットやリッツカールトンのようなホテルとしても認識していなかったから、ピンとこなかったのでしょうね。

セントレジスから徒歩2分くらいに所に、「船場センタービル」ってのがあります。 昭和レトロ巨大ショッピングセンターです。 面白いので一度覗いてみるのも良いかと思ったりします。
2013年05月15日 00:31
ユッサ・えりとさん♪
こんばんは!お久しぶりです。

そうなんですよね。
大阪といえばリーガとリッツのイメージなんですよね。
本町って場所になぜ東京で断念したセントレジスを開業したのか・・・?
でも、好きなんです。セントレジス。
船場センタービル・・・。前職の顧問社労士の事務所へ行く時に近道チックに一度中に入った記憶が。
何だか1人じゃ入れない空気がありました(笑)
今度行った時、勇気を出してチャレンジします!

この記事へのトラックバック

  • セント レジス ホテル 大阪の宿泊記

    Excerpt: セント レジス ホテル 大阪〒541-0053大阪府大阪市中央区本町3丁目6-12TEL 06-6258-3333FAX 06-6258-3337 セントレジスホテル 大阪 セント レジス ホテル.. Weblog: 高級ホテル宿泊記リンク集 racked: 2013-02-15 22:30